×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大東建託の賃貸事業情報!

大東建託の賃貸事業

カテゴリー :大東建託 賃貸

大東建託株式会社は、土地所有者の活用ニーズと入居者の賃貸住宅へのニーズを結びつけ、建物賃貸事業を総合的にサポートする独自の「建託システム」による事業を展開しています。この建託システムは、マンション、アパートなどの賃貸事業の企画立案から、建物の設計・施工、入居者斡旋、賃貸物件の空室時家賃保証、各種管理サービスまで一貫して行うものです。
競合他社との競争が激化するなか、大東建託でもスピードと顧客満足度の向上を重視し、業務の効率化を進めているそうです。
 設計システム課の課長、福嶋茂樹様が語られるように、大東建託株式会社様は、あらゆる業務において改善を推進されています。ITの活用もその取り組みのひとつですが、なかでも建物の設計段階の初期に実施する「土地の測量」については、8年前からペンPCを導入され、デジタル化を進めてきたそうです。

大東建託が設立されて33年、進化を続けてきたんですね。
これからも、成長し続ける大東建託の賃貸事業を楽しみにしたいと思います。

コラム > 大東建託の賃貸事業について書かれています。

大東建託賃貸豆知識

カテゴリー :大東建託 賃貸

 お部屋探し(賃貸)の事なら大東建託で決まりです。そして賃貸する際に必要な豆知識として法律についてふれます。大東建託で賃貸する以外にも必要な知識です。
 まずは賃借権(ちんしゃくけん)ですが、賃貸借契約に基づく賃借人の権利のことです。原則として賃借権は、賃貸人の承諾がないと譲渡したり転貸することはできません。
そして賃借人(ちんしゃくにん)とは、賃貸借契約の当事者の一方で、目的物を使用収益する権利を有し、その対価として、賃料を支払う義務を負うもののことです。賃借人の権利には、目的物の使用収益権、目的物の修繕・改装に要した費用の償還請求権があり、義務として目的物の保管義務、返還義務および賃料支払義務があります。
3つめに、賃貸借契約(書)(ちんたいしゃくけいやく)がありますが、 賃貸借条件を記載した書面のことです。貸主、借主、連帯保証人の間で取り交わされます。
最後に賃料(ちんりょう)について、 賃料は賃貸借契約にもとづき賃借物件の使用対価として支払われる金銭または物のことです。
大東建託は全国に多数の店舗をかまえておりますので、安心して大東建託のスタッフにお尋ねしてみてください。

コラム > 大東建託賃貸豆知識について書かれています。

大東建託とアパート投資

カテゴリー :大東建託 アパート

大東建託でのアパート経営を考えている方も少なくないと思います。そこで、大東建託でのアパート経営でも失敗しない、大家も入居者もみんなが幸せになれるアパート満室を目指すために考えて見ましょう。

これまでのように、アパート建築をハウスメーカーや建設会社に丸投げしていては、間違いなく失敗すると思います。
大家のエゴむき出しでも、入居者にそっぽを向かれるでしょう。
他人を踏み台にし、自分の利益や都合ばかり追求する「覇道」に明るいアパート経営の未来はありません。

これからの時代、投資用物件の経営など賃貸住宅で成功するには、借りて欲しい入居者を絞り込み、彼ら(彼女たち)に豊かな暮らしを提案できなければなりません。
そのためには、立地と建物にこだわり、関係するいろいろな専門家や会社と良い緊張感を持って付き合いながら、アパートの大家自身が賃貸物件をプロデュースすることが経営の鍵を握ります。
当然、大家自身が頭を使い、汗をかかなければなりません。
それによって初めて、経済的自由と精神的自由をもたらし、孫子の代までもつ、安定した収益不動産をつくることができるのです。

これがアパート経営の理想的な形だと思います。大東建託でアパート経営を考えている方も、すこし参考にしてみてください。

コラム > 大東建託とアパート投資について書かれています。